看護学生専用サイト

 
トップ  >  聴講生制度

聴講生制度

 現在、看護師の国家試験は年1回、毎年2月に行われています。
この試験に全生徒が現役合格できるよう、日々学習指導に取り組んでいます。しかし、残念ながら不合格となった場合も、聴講生制度を設け、合格通知を手にするまで職員が一丸となって責任を持ってサポートしています。

聴講生制度

 学費は全額免除です。

 本校独自の国家試験対策テキストに基づき、分かりやすく指導します。

 不得意科目の講義を受けることができます。

 自習室の利用、受験情報や相談を受けることができます。

第0期卒業生
宮村 里美さん

300枚のルーズリーフ3冊が
宝物です

 わたしの家の本棚には、約300枚のルーズリーフを閉じた分厚いファイルが3冊、ひと際目立つ場所に収まっています。これが、金沢医療技術専門学校で得た、わたしの宝物です。 今も仕事でわからないことに出くわしたときに、真っ先に広げる虎の巻です。

自慢できることではないのですが、わたしは国家試験に失敗し、心ならずも聴講生として人よりも長く学校へ通うことになりました。このファイルはその時にすべての教科書を一から読み直し、自分なりにまとめ直したものです。 さらに、過去10年の試験問題にあたり,そこで出たキーワードをすべてマーキングし、そのキーワードを中心に1シートに1テーマという具合にまとめ直したものです。
そのノートも何色もの蛍光ペンでマーキングされ、あるいはメモを貼り自分なりにわかりやすく整理されています。全ページ手書きで書かれたそのノートの文字を見るたびに、その時の記憶が蘇ってきます。

空回りしていた私、
心にしみる理事長の優しさ

  聴講生の朝は、9時の始業ベルの合図とともにスタートします。自分の必要な授業は自由に受けることができます。それ以外の時間は自習室に籠り、理事長から伝授された前述のノート作成術に従い、それぞれのペースでノートづくりに励みます。 すべての教科書に対してノートを作るという指導に、そんなことが本当にできるのかと不安になることもしばしばでした。3年間で教わった教科書の数といったら、目もくらむくらいの量だったのでしたから。

国試浪人は孤独です。あれだけいた同じ夢を追いかける仲間たちもいなくなり、ポツンと社会から取り残されたような気持ちになることもあります。自宅でひとりで勉強していては落ち込んでしまったと思います。 しかし、ありがたいことに金沢医療技術専門学校には聴講生という制度があります。毎朝規則正しく学校へ行く、それだけでも気分的に全然ちがいました。

聴講生になることを心に決め、絶対にがんばってみせると気合いが空回りしていた4月も過ぎるころ。残された教科書の多さと、いっこうに進まないノート作りの影響でイライラがつのってくるのが5月です。聴講生の中にも、ポツンポツンと欠席をする仲間が出てきはじめます。 そんな時です。理事長がひょっこり自習室に現われ、「みんなちょっと疲れてるみたいだな」といつもの明るい声がしんと静まり返った教室に響きます。「よーし、今日は気分転換においしいものでも食べにいくか」と聴講生を食事に誘ってくださいました。

おいしい食事をいただきながら、みんなの心に火がともったように、話し始めます。「まだまだ1年は長いんだから、これからだよ」などとはじめは受験のことだった理事長の話も、お酒が回る頃には自分の学生時代の話に話題が流れ、気がつくと自分の父親のような理事長がそこにいました。 生徒だったころには雲の上の存在でしかなかった理事長が凄く身近にかんじられました。調子にのってそのままカラオケ。そんな日の後は、昨日までの憂鬱な気持ちはどこかへ消え、よしがんばるぞ!という気分になりました。

理事長の食事会は7月11月1月と、みんなのやる気がなくなりそうになる頃合いを、はかったかのように招待してくださいました。今から思えば、きっとそんな私たちの様子をどこかでご覧になっていたのでしょうね。

一生に一度本気になるとき、それは
「今」しかない!

  わたしは一度、国家試験に失敗し、夢をあきらめるか、聴講生になってもう一度挑戦するかでとても悩みました。聴講生は学費を免除していただけるとはいうものの、両親にかける負担や周囲の視線などが気になっていたのです。その時の父の言葉を今でも覚えています。               
「せっかくここまでがんばったんだから、看護師にならなくてどうする。一生に一度本気になるときがあるとすれば、それが今だぞ」。父の言葉に背中をおされ、あらためて看護師になる決意を固めました。挑戦の結果、無事国家試験に合格。私が看護師になるまで支えてくれた周りの人たちに心から感謝しています。

〒920-0849 石川県金沢市堀川新町7番1号 TEL:076-263-1515 FAX:076-263-3203 E-mail:houjyou@syd.odn.ne.jp


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

卒業生の声

ISISで学んだ卒業生に、当校で学んだ
3年間を振り返っていただきました。
飾らない生の声をお聴きください。