看護学生専用サイト

 
トップ  >  看護師になるには

看護師になるには

看護師と准看護師

看護師と准看護師では、資格取得までの過程から取得後の仕事、待遇、昇進などに至るまで様々な点で違いがあります。 ISISでは看護師の育成に取り組んでいおります。

看護師

同じ取るなら看護師を

大学病院や総合病院などでは高度な技術、幅広い知識が要求されることから、採用を看護師に限定している病院が多いようです。
一方、准看護師の職場は低賃金の労働力を求める小規模の病院になりやすく、個人病院や診療所などに限られてきます。
病院の規模に関係なく需要の高い看護師は就職転職において、選択肢が広く有利な資格です。ISISからも毎年たくさんの看護師が自分が希望する職場ではたらくチャンスをつかみ、巣立っています。

看護師に開かれたキャリアアップへの道

看護師のキャリアアップの道は、昇進意外にもたくさんあります。 例えば、助産師・保険師を目指したり、看護のスペシャリストとして専門分野を持ちたいなど。 しかしキャリアアップのためには、看護師の資格が条件になっています。 准看護師では資格試験を受けることができません。 保健、医療及び福祉の現場において、ほとんどの看護分野の資格が看護師にしか受験を認めていないというのが現状のようです。  ISISは「教育とは、学ぶ機会を平等に与えることが重要である」という信条を、就職後のキャリアアップにもあてはめ、看護師の育成に取り組んでおります。

准看護師

看護師を補佐する准看護師

一方、准看護師の「准」は準じるという意味の通り、看護師の補佐的な立場にあります。
医師や看護師の指示を受けなければ、全ての看護業務が行えません。
また、主任や看護師長などへの昇進はなく、給与額でもその差が顕著です。
厚生労働省の「平成22年賃金構造基本統計調査」によりますと、30代前半の看護師の平均年収は460万円、一方准看護師は363万円と
100万円近く差が開いています。

准看護師の資格廃止の流れ

そもそも准看護師は戦後の看護師不足の暫定措置として設置された資格ですが、看護師に求められる知識・技術の高度化、専門化に伴い、将来的には准看護師制度が廃止となる可能性が高いといわれています。
ISISは「医療の現場で確実な戦力として活躍できる真の看護師を、一人でも多く養成したい」という願いを持っていますが、准看護師から看護師への移行というのは、看護師の質を上げていくための自然の流れのように感じます。

ISISは看護師を養成しています

夢や希望を抱いて自ら選んだ看護職に対して、誇りややりがいを感じられないとしたら、とても残念なことですよね。 給与・昇級・就職先・スキルアップなどへの不満から、看護師の資格を取りなおす准看護師は少なくありません。 同じ看護職を目指して学ぶのであれば、将来のビジョンを描きやすく、より安定した看護師の道に進むべきではないでしょうか。 ISISは独立校ならではの看護教育の実践により、質の高い看護師の育成に全力で取り組んでおります。ISISの優秀な講師陣が人として優れた看護師を養成するため、心のこもった指導でゴール(国家試験合格)まで伴走します。

〒920-0849 石川県金沢市堀川新町7番1号 TEL:076-263-1515 FAX:076-263-3203 E-mail:houjyou@syd.odn.ne.jp


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

卒業生の声

ISISで学んだ卒業生に、当校で学んだ
3年間を振り返っていただきました。
飾らない生の声をお聴きください。